レーザー脱毛での脱毛のメリット

永久脱毛の定義は

唐突ですが、アメリカFDA(アメリカ食品医薬品局)での永久脱毛の定義は、「脱毛終了後の1ヶ月で、毛の再生率が20%以下」なのです。ということは、この基準だと極端な話、5本に1本は再び生えてきても文句は言えないのです。

ちなみに、日本では公的な機関における「永久脱毛」の基準は存在しません。脱毛先進国であるアメリカの基準でもこうですから、誰もが脱毛で期待する「永久につるつる」というのは簡単な事ではないという事を念頭におきましょう。  

なお、FDAが現時点で認める永久脱毛唯一の方法は「ニードル法」です。これは毛根に針を刺して電流を流すというもので、聞いただけで痛そうですが実際はやはりかなりの忍耐を要するようです。

現時点で苦痛を感じないで永久脱毛に近いメリットが期待できるのはレーザー脱毛であると言えるでしょう。毛周期の成長期、退行期、休止期のうち、脱毛に効果的なのは成長期ですので、ある範囲の皮膚を最低3回は処理しないと、その範囲の皮膚全ての毛母細胞に効果を及ぼせません。

レーザー脱毛は指向性が強いので毛根細胞に集中的に効果を及ぼしますが、フラッシュ脱毛の光は周囲の皮膚にも影響を及ぼします。つまり、あまり頻繁に照射することができないので、レーザー脱毛より期間をあけて光を照射する必要があり、結果的に手間もかかることが多いのです。  

以上、レーザー脱毛はニードル法より苦痛が無く、フラッシュ法より皮膚にやさしいというメリットが期待できます。

脱毛器を選ぶにあたっては、絶対に費用対効果に拘らないといけません。

コスト(経済的な活動の際に支払う必要が生じるお金です)パフォーマンスが良くないものを使うと、脱毛サロンにかかった方が安くなる可能性があります。また、レーザー脱毛器によると使用できる範囲は異なるので、使用可能範囲も確かめてちょーだい。刺激が多くなく、肌への負担が少ないものを選択することをお勧めします。センスエピは、知る人ぞ知る美容大国であるイスラエルの開発専門チームが作った脱毛器です。エステや美容外科などで脱毛を行うと、すごくの料金がかかってしまいます。



でも、センスエピだったら大体4万円ぐらいですから家庭で出来る脱毛器にしては安価ですし、ムダ毛が気になった時、いつでも自宅で脱毛できます。
センスエピは人気商品であり、9割以上の人が満足と答えています。

毛が数多くある方は脱毛効果が弱いと思っていたほど仕上がりが良くないので、医療機関で受けられる脱毛をお勧めします。


それから、医療機関での脱毛処理は施術は医師または看護師が担当するので、肌のことで困ったことが起きたり火傷をされてしまった時も的確な処置をしてもらえます。


脱毛を医療機関でする場合、勧誘されるケースは少数ですが、脱毛をエステですると勧誘されることもあります。
レーザー脱毛器で永久脱毛にチャレンジしたいと思っている人も多いかもしれません。脱毛器の中には脱毛クリニックなどでも使用されているレーザーを使用するタイプもあります。でも、安全面を考えて出力が弱めなので、当然のことながら永久脱毛はできません。それでも永久脱毛をしたい場合脱毛クリニックへ行って医療脱毛を受けるといいでしょう。

レーザー脱毛を考えた際に、脱毛器か専門のサロンかどっちがいいのか、迷う場合もあると思います。
どちらにもメリットとデメリットがあるので、一概にどちらがいいとは言い切れません。

両者のメリットとデメリットを充分に理解して、自分にぴったりなのはどちらかを考えてみてちょーだい。仕上がりの良さを一番に考えるなら、脱毛サロンのほうがいいです。脱毛サロンでは痛みが少ないのが一般的ですが、中には痛みのあるところも存在します。

脱毛サロンのHPや口コミ、または無料体験などで判断するようにしてちょーだい。


大きい脱毛の効果を期待できるほうが施術の回数がわずかで済むため、脱毛の費用を節約できます。
あまり通いづらいところだと途中で止めてしまうこともあるので、あなたの通いやすいと思う店舗を捜すようにしてください。脱毛サロンには都度払いが利用できるサロンがあります。都度払いというのは受けた分だけのお金をそのたびごとに支払う料金プランです。


例えて言えば、ワキレーザー脱毛をした日なら支払いはワキ脱毛1回分です。一般的に脱毛サロンはコースなので都度払いが不可能なところも少なくありません。

女性が脱毛サロンへ通いたい場合、気にかかるのは生理中の時期でも処理がおこなえるかですね。



このことは、脱毛サロンによって違ってくると思ってちょーだい。


生理中にも通うことのできるサロンもありますが、禁止の方針で統一しているところもあるのです。

ただ、規則はどうであれ、生理中だという場合には、衛生面の問題によってデリケートゾーンを脱毛することはできないです。脱毛器は痛いと考えがちですが、現実は、痛いのでしょうか?現在市販されているレーザー脱毛器は、少し前のものとは比較できないほど性能が高く、痛みに対しても十分な対策が取られています。
脱毛方法によって異なりますが、フラッシュ方式の脱毛器であれば、ほぼ痛みは感じないと考えても問題ないでしょう。



脱毛するのに際して気になってしまうのが、脱毛にかかる支払額です。



医療レーザー脱毛は価格が高いという評価がありますが、エステ脱毛とくらべると高額になります。
一般的に医療脱毛の場合、エステ脱毛にくらべて2倍〜3倍くらいかかるでしょう。



ただ、医療レーザー脱毛は高額であるだけ、安全性と脱毛効果に関して優れているという利点があります。